そもそもの原因

今や一般的になってきた椎間板ヘルニアはレーザー治療を知っていますか?医療業界でもかなり優れた治療法として取り入れている所が多いようです。
椎間板ヘルニアの治療を行いたいのであれば、郡山青藍病院で診てもらってはいかがですか?専門医がいるから安心して治療に臨むことができます。

椎間板ヘルニアが腰痛の原因となっている。この認識自体が間違っているという説が最近では一般になってきています。
そもそも椎間板ヘルニアとは、はみ出した髄核が神経を圧迫することから痛みやしびれなどが起こる、とされている病気です。

今回の議論では、神経が圧迫されて「痛み」が起こるというのがここでの焦点になっているわけです。
そもそも、神経というのは伝達組織でありますから圧迫されて伝達がうまく行かなくなってしびれが起こるのは確かにその可能性が十分考えられるものです。
しかしながら、痛みは圧迫されることでは発生しないのでは?傷つけるのならまだしも、圧迫だけで痛みになるとは言い切れないのでは?
そういった見地から、椎間板ヘルニアが腰痛の原因ではないのではないか?とする医師や整体師が増えてきています。

椎間板ヘルニアが腰痛の原因ではないとする論拠として、人間の大半は椎間板ヘルニアを患っているという事実があります。
そもそも、椎間板ヘルニアとは髄核がはみ出ている状態のことを指します。つまり、痛みを伴うかどうかは別として髄核がはみ出ていればヘルニアなのです。
そして、椎間板ヘルニアが発症している人間のうちで実際に痛みを訴えている人はそのうちの何割かにしか満たないという研究結果がでているのです。

この結果を元に、椎間板ヘルニアが必ずしも腰痛の原因ではないと言われるようになってきているのです。


症状が出てきてしまった椎間板ヘルニアは大阪にある有名クリニックで相談してみませんか?レーザー治療を行なってくれるから安心ですよ。
腰痛持ちで悩んでいらっしゃるのなら武蔵小金井の腰痛に詳しいクリニックを活用してみてください。実績のあるスタッフが揃っているのでオススメですよ。